気になるワキガの原因とその対策

私はワキガを自覚している35歳の主婦です。
思春期の頃くらいから皮脂分泌が活発になってきて、体育の授業のあと自分からワキガの臭いが発せられていることがわかりショックを受けました。
とはいえ汗臭さはあってもワキガ臭が全くない体質の人もいます。一体どこが違うのでしょうか。

ワキガの原因となるのは汗腺の中でも「アポクリン腺」と呼ばれるものだそうで、その汗腺が多いか少ないか、分泌量の違いでワキガ体質かどうかが決まる、ということなのです。

つまりいわゆる「汗」にはもともと臭いはなく、このアポクリン腺から出る汗に含まれるたんぱく質やアンモニア成分と雑菌、脂肪分が混ざって悪臭が発生しています。

ワキガは持って生まれた体質なので今までと同じ生活をしていても変わりません。いかに臭いを押さえられるか対策を練ることが必要になってきます。

主なものを3つご紹介いたします。

1.ワキ毛を生やさない

女性はワキ毛の処理をしている方も多いかもしれません。
しかし冬場は処理を怠けてしまう人も多いのではないでしょうか。

わき毛があることによってアポクリン腺から出た汗と雑菌、脂肪分が溜まりやすい環境ができてしまい臭いが悪化する原因となります。

ワキの毛をなくすことによって汗を拭きとりやすくもなるので、悪化する前に清潔にすることができるのです。

根本的な解決にはなりませんが、ケアしやすい状態になるので、男性にもお勧めです。かくいう私もワキ脱毛をしてからはワキガ臭が少なくなったように感じます。

2.野菜や魚中心の食生活にシフトする

欧米人の方とすれ違うとワキガ臭がすることが多いと感じたことはないでしょうか?日本人に比べて欧米人の方がワキガは圧倒的に多いのです。

ワキガは前述した通り、脂質とも強い関係があります。典型的な欧米人の食生活である肉食はそれを助長するのです。

反対に野菜や魚には分泌を抑えるビタミンやポリフェノールが豊富に含まれているため、ワキガが気になる方はお肉の量を控えて、お野菜や魚を意識的に摂るようにすると体内から改善が期待できます。

3.ワキガ治療をおこなう

劇的な改善を希望する方には、美容外科での治療が有効です。
ボツリヌス菌をワキに注入して汗の量を抑える方法はメスを使わず、手軽に取り入れることができますし、アポクリン腺を除去する外科手術もあります。

しかしながら、ワキガ治療のデメリットとして、手術の料金が高額であったり、再発などの可能性もあります。また、手術すること事態が恐いという方もいらっしゃいます。

そんな時は、ワキガ専用のスキンケアで対策してみてはいかがでしょうか?今では専用わきが対策クリームやジェルがあります。それらを使用して効果を確認してからワキガ治療をするか考えてもいいでしょう。

いかがでしたでしょうか。臭いに慣れてしまうとなかなか気付きにくいワキガ。臭いのことに関しては周囲の人もなかなか言い出しづらいことなので、自分で早めに対策をしたいものですね。

気になる脇の黒ずみに!解決する2つのポイント

脇の黒ずみに悩む女性は多いですよね。
脇が黒ずむ原因として、ムダ毛の処理を長い期間カミソリで行っていたり、脇のボディケアを過剰にしていたり、衛生的にいい状態ではないことなどがあげられます。

カミソリでムダ毛処理をしようとすると摩擦が起こり、肌を守ろうと角質が厚くなります。
この結果メラニン色素が蓄積され、黒ずんできてしまいます。

これは過剰なボディケアも同じです。また、脇は汗をかきやすい場所なので、どうしても汚れが溜まりやすいです。
冬場などは汗をそんなにかかないから、といって放っておくと黒ずんできてしまいます。

このようなことが考えられますが、一度黒ずんでしまった脇をキレイにするにはどのようにしたらいいのか、その方法を2つご紹介していきます。

スキンケアで黒ずみ対策
まず1つめは美白のスキンケアを使う、ということです。
スキンケアと聞くと顔に使うもの、というイメージがありますが、脇も顔と同じようにケアしてあげると改善されてきます。

先ほど脇の黒ずみの原因は角質が厚くなっているから、と記述しましたが、これはターンオーバーが正常に行われていないことが原因の一つです。

ターンオーバーは肌をキレイに見せるために必要なものです。
スキンケアでターンオーバーは目指せますが、ここでポイントになるのが美白のものを使うことです。

美白のスキンケアには美白有効成分が配合されているものが多く、色素沈着を改善してくれる効果があります。

さらに、肌を明るく見せてくれたり、色ムラを軽減して均一にしてくれます。
肌をいい状態でキープしながら美白ケアすると黒ずみが気になりにくくなってきます。
黒ずみスキンケアでお悩みならこちらを参考に:脇の黒ずみを消す解消法

食べ物の栄養で黒ずみ対策
2つめは、ジャンクフードを控えてビタミンCやコラーゲンを摂取するということです。ジャンクフードはほぼ脂質と炭水化物でできています。

過剰な脂質の摂取は体によくないのはもちろんですが、これが汗となったときに皮脂も多く分泌します。その皮脂が放置されて雑菌と合わさると黒ずんでしまいます。

そうならないためにも、日頃の食生活が大切です。
ダイエットをしていないと普段食べているものをあまり意識しないかもしれませんが、何気なく食べているものがよくも悪くも作用しています。

ビタミンCは肌を生き生きとキレイに見せるために必要な栄養素です。
コラーゲンも肌にハリと弾力を与える成分です。
この2つが合わさると相乗効果で体に吸収されやすくなり、肌をキレイにしてくれます。

体の外からのケアももちろん大切ですが、体の中からいいものを与えてあげるといいことが多いのでおすすめです。

ムダ毛のないキレイな脇でノースリーブを楽しむ

ムダ毛の処理をしても脇自体がキレイじゃないと、人前で脇が見えるようなファッションは恥ずかしくて出来ませんね。
ノースリーブは勿論、半そでになる季節には意外と男性が見ているのが脇です。
この服なら見えないはずと油断していると、思わぬ時に脇が見えて恥ずかしい思いをするかも知れません。
その脇を少しでもキレイにして、自信を持っておしゃれを楽しむためにはどうしたらいいでしょうか。

まず、女性なら夏場になればすることの多いムダ毛処理ですが、どういった方法で処理をしているでしょうか。
脱毛エステなどでケアしていなくて、自己処理をしている場合には知らないうちに脇にダメージを与えるような方法を取っていることが考えられます。
特に脇の処理で多い方法は、カミソリで剃る、そしてカミソリで剃り残した分は毛抜きで抜くという人は多いと思いますが、これはどちらも脇にとってはあまり良くありません。

カミソリで剃ると、毛を剃ることはできるのですが同時に角質まで剥ぎ取ってしまうことになるのです。またカーブした複雑な形状のため一度でキレイに剃るのは難しいですね。

毛をキレイに処理しようと何度もカミソリで剃ることで、その刺激から脇の角質層が厚くなっていってしまいます。場合によっては切り傷を作ってしまいかねません。

角質が厚くなるということは、見た目が黒ずんで見える原因になります。毛がなくなっても脇が黒っぽく見えてしまっては残念です。関連記事:気になる脇の黒ずみに!解決する2つのポイント

また毛抜きで抜くことは毛穴を傷めます。抜くと剃るより日にちも持ちますのでお手入れ方法としては頻度が落ちていいような気もするのですが、抜くことは毛穴や周囲の皮膚を傷つけることになります。

そして何もしないで放置しておくと開きっぱなしの毛穴はボツボツと目だってしまいますし、バイキンなどが入って炎症を起こして赤くニキビのようになってしまうこともあります。

つるんとした脇なら見えても恥ずかしくありませんが、毛穴が開いてボツボツのお肌は恥ずかしいですよね。ですからカミソリや毛抜きの自己処理はあまりオススメできません。

毛穴や皮膚を傷めないためには脱毛クリームが一番です。処理の後はどのような方法にしろ水分が逃げやすい状態になっていますので、お肌を整えるためにたっぷり保湿をします。

汗をかく場所に塗るのは抵抗があるかも知れませんが、汗をかくからこそ皮膚の内側は水分不足になっているものなのです。キレイな脇を目指すためには、脇のお肌に優しい脱毛方法としっかり保湿をすることが大切になってきます。

ワキの汗の臭いが解消される食べ物

ワキの臭いというのはとても気になるはずです。
自分でその臭いを感じてしまうほとですから、廻りにはもっと酷い臭いだと感じさせてしまっていると感じるはずです。

ワキの臭いの原因は、やはり汗から起こります。
この汗の臭いは年齢を追うごとに酷くなっていき、とくに年齢を重ねた男性のワキの臭いはとても酷くなっているでしょう。

仕事の内容から、こうしたワキの汗や臭いを抑えなければならない人は多いはずです。
とくに営業職の場合の人では、仕事に大きく影響が出てしまうほど気になるはずです。

こうした臭いを抑える方法としては、実はさまざまな方法があります。
諦めかけていた人でも、自分にあった方法を試してみることで解消されることがあります。

まず、ワキから出る汗事態を止めることはできません。
美容整形などの施術により、ワキの汗の量を少なくすることはできますが、完全に体に良い方法だとは言えないことを理解して行うべきでしょう。

では一度出てしまった汗の臭い自体を軽減させる方法としては、まずは食生活から見直してみることをお勧めします。
食べる物と汗との関係はとても強く、食事からワキの汗の臭いを軽減させる方法としては、良い食べ物をしっかり摂取して臭いを軽減させる方法と、悪い食べ物をなるべく控えて臭いを軽減させる方法とがあります。

臭い自体を軽減させてくれる食べ物として代表的な物が、ミネラルを多く含んだ野菜や海草類です。
ほうれん草やにんじん、そしてわかめや昆布などは汗の臭いを軽減してくれるとしてとても有名な食べ物です。

こうした食べ物は即効性が強く、体質を改善させるという大げさな物ではなく、食べた次の日には効果があったということも珍しくありません。

そして、ワキの汗の臭いが強くなってしまう食べ物としては、肉や魚などがあります。
また、塩分や糖分の過剰摂取もワキの汗の臭いが強くなってしまう原因とされています。

さらに、食べ方にも工夫を行うことで、臭いを軽減できます。
早食いや極端な大食いは行わないように心がけましょう。

肉や魚を摂取しないというわけにはいきませんので、こうした食べ物はしっかり時間をかけて消化がしやすいようによく噛んで食べることが重要なポイントとなってきます。

その他、食べ物だけではなくお酒やタバコもワキの汗を密接な関係があります。
過剰な摂取は良いことではありません。
どのような物でも適量を守ることが、ワキの汗の臭いの解消の第一歩だと言えるでしょう。
関連する記事はこちら:気になるワキガの原因とその対策

今までに実践した脇汗予防

20歳頃から今までずっと脇汗について悩んでいる30歳の主婦です。
私が脇汗を気にするようになったのは20歳の頃です。
それまでは全く気にならなかったので、ほとんど脇汗をかいていなかったのだと思います。

そんな私のきっかけは脇の脱毛でした。
20歳の時に友人と一緒に脇脱毛をすることになりました。
それまでも脱毛に対して興味はあったのですが、なかなか手を出せずにいました。

そんな時に友人と、その年の夏にプールや海に遊びに行く話になりました。
話をしていたのが2月とかだったので、今から脱毛しなくては間に合わないとなり、急遽脱毛することになりました。

そして月に1回のペースで脱毛に通い始めたのですが、夏前には完了していました。
それからはプールや海に行っても脇の処理の心配はなく、とても快適に過ごせていたのですが、違う問題が出てきました。
それが脇汗です。

濃い色のTシャツなんかを着るとはっきりと脇汗が分かります。
しかも大量の汗が出ているみたいで、服の濡れている範囲が広く、びっしょりです。

そんな状態なので最初に見た時はビックリしてしまい、急にとても恥ずかしくなりました。
一緒に脇脱毛に行った友人にも相談したところ、友人も脇汗が酷くなったと言っていました。

自分の脇汗に気が付いてからは、夏は汗が目立たないような白い服ばかり着ています。
今まで着ていたお気に入りの服も、脇汗を気にして着ることが出来なくなってしまいました。

ですが私もおしゃれに興味がありますし、ショッピングも大好きです。
そんな脇汗なんかの為に好きな色の服を着られないのが本当に嫌です。
なので絶対に脇汗を克服しようと決めました。

まずはインターネットで調べてみました。
それまで知らなかったのですが、脇汗に悩んでいる方は本当に多いみたいです。
色々な方法がある中ですぐに試せるものを選びました。

それはドラッグストアなんかで売っている脇汗防止クリームです。
お風呂上りや出かける前に塗るものなど、たくさんの種類を試してみましたが、どうやら私には合わないみたいで効果は得られませんでした。

次にドラッグストアでは売っていないような商品「オドレミン」を試しました。
近場では売っていない為、通販で手に入れました。

こちらはかなり口コミも良く、改善した方も多いみたいです。
かなり期待して使い始めたのですが、しかしこれも私には合わなかったです。

これまでたくさんの商品を試してきましたが、自分に合う物をまだ見つけられずにいます。
今は脇汗パッドやパッド付きのインナーを着たりして、自分の好きな服も着ています。

これが今までで一番良い方法ですが、それでは根本的な解決になっていません。
今年の夏もまた新しい脇汗対策の商品が出たら、是非試してみたいと思います。
脇汗も気になるし、ワキガも気になるかたはこちらの記事「気になるワキガの原因とその対策