ムダ毛のないキレイな脇でノースリーブを楽しむ

ムダ毛の処理をしても脇自体がキレイじゃないと、人前で脇が見えるようなファッションは恥ずかしくて出来ませんね。
ノースリーブは勿論、半そでになる季節には意外と男性が見ているのが脇です。
この服なら見えないはずと油断していると、思わぬ時に脇が見えて恥ずかしい思いをするかも知れません。
その脇を少しでもキレイにして、自信を持っておしゃれを楽しむためにはどうしたらいいでしょうか。

まず、女性なら夏場になればすることの多いムダ毛処理ですが、どういった方法で処理をしているでしょうか。
脱毛エステなどでケアしていなくて、自己処理をしている場合には知らないうちに脇にダメージを与えるような方法を取っていることが考えられます。
特に脇の処理で多い方法は、カミソリで剃る、そしてカミソリで剃り残した分は毛抜きで抜くという人は多いと思いますが、これはどちらも脇にとってはあまり良くありません。

カミソリで剃ると、毛を剃ることはできるのですが同時に角質まで剥ぎ取ってしまうことになるのです。またカーブした複雑な形状のため一度でキレイに剃るのは難しいですね。

毛をキレイに処理しようと何度もカミソリで剃ることで、その刺激から脇の角質層が厚くなっていってしまいます。場合によっては切り傷を作ってしまいかねません。

角質が厚くなるということは、見た目が黒ずんで見える原因になります。毛がなくなっても脇が黒っぽく見えてしまっては残念です。関連記事:気になる脇の黒ずみに!解決する2つのポイント

また毛抜きで抜くことは毛穴を傷めます。抜くと剃るより日にちも持ちますのでお手入れ方法としては頻度が落ちていいような気もするのですが、抜くことは毛穴や周囲の皮膚を傷つけることになります。

そして何もしないで放置しておくと開きっぱなしの毛穴はボツボツと目だってしまいますし、バイキンなどが入って炎症を起こして赤くニキビのようになってしまうこともあります。

つるんとした脇なら見えても恥ずかしくありませんが、毛穴が開いてボツボツのお肌は恥ずかしいですよね。ですからカミソリや毛抜きの自己処理はあまりオススメできません。

毛穴や皮膚を傷めないためには脱毛クリームが一番です。処理の後はどのような方法にしろ水分が逃げやすい状態になっていますので、お肌を整えるためにたっぷり保湿をします。

汗をかく場所に塗るのは抵抗があるかも知れませんが、汗をかくからこそ皮膚の内側は水分不足になっているものなのです。キレイな脇を目指すためには、脇のお肌に優しい脱毛方法としっかり保湿をすることが大切になってきます。